●葬儀を執行する導師(僧侶)出仕について


導師(どうし)とは葬儀を執行する僧侶のことです。葬儀の御依頼がございましたら、出仕させていただきます。
出仕地域は、葬儀場と火葬場が横浜市内です。

導師が独座(一名)の場合と助法がつく場合(二名)がございます。読経作法は真言宗です。

葬儀の際に、依頼する寺院がないといった事を避ける為に、前もって依頼できる寺院を決めておきましょう。

◇葬儀料(独座) [戒名授与(信士信女号)、通夜、葬儀、初七日、骨あげ]・・・・四十万円〜五十万円
 (喪主様の御判断になります)
◇車代・・・・・・・・・一万円(一日あたり)

立江寺では、葬儀場への導師僧侶の出仕をお受けしております。
葬儀依頼は
 
рO45−713−5029

葬儀前の御相談もお受けいたします。[ 予 約 制 ]


●遺骨葬儀を執行いたします


すでに火葬した後に遺骨のままで時間が経ってしまった・・・
直葬をおこなったが、やはり戒名をお授けして正式な葬儀でおくってさしあげたい・・・・・・・・という場合に・・・

遺骨葬儀とは、火葬後に遺骨の状態で本堂の須弥壇にあげて葬儀を執行することです。
戒名授与と引導作法は通例の葬儀と同様に行います。遺骨葬儀は、一日で葬儀時間約70分です。


◇遺骨葬儀料 [戒名授与(信士信女号)]・・・・・・・・・・・・・・・・・・二十五万円〜三十万円
 (喪主様の御判断になります)

遺骨葬儀の御依頼をお受けしております。 рO45−713−5029  

葬儀前の御相談もお受けいたします。
[ 予 約 制 ]

戻る

立江寺総合トップページへ

(C)Copylight 真言宗横浜立江寺1996-2018 All Rights Reserved.
このホームページで使用されている全ての文章の無断転載、全ての画像の無断使用、無断リンクを固くお断りします。